どのような押し方の種類があるのでしょう

印鑑イメージ

印鑑の押し方にもたくさん種類があり、それぞれに名称があることを知っていますでしょうか。
ここでは、その名称を紹介したいと思います。

まずはじめは「割印」です。
割印は、契約書の原本と写し(控え)のように、同じ文面の書類を二つ以上作成した際、または領収書とその控えなどに一つの印鑑を半分ずつ押印することをいいます。
二つ以上の独立した文書の小津いつ・関連性を証明するのが「割印」です。

次に「契印」です。
契印は、契約書が複数にわたる場合、ページとページの間すべてに押印する印のことをいいます。
これは、契約後に一枚だけ抜かれたり、別の用紙と差し替えられたりするのを防ぐものです。
必ず、署名の末尾に押した印鑑と同一の印鑑を押さなければいけません。

次は「消印」です。
これは、文書に収入印紙を貼った場合、収入印紙の再利用を防止するため、その印紙と本紙にまたがって押印することをいいます。

次は「訂正印」です。
これは実際に押印したり聞き覚えがあると思います。
文書に記載した文字を間違ってしまったり、書き直したり書き加えたりしたときに、文書を作成した本人が字句を訂正したことを証明するために押す印のことをいいます。
訂正する際の押印は、訂正する箇所に二重線を引き、その上や下に正しい字句を書きます。
これも「契印」と同じ、署名の末尾に押印した印鑑と同一の印鑑でなければいけません。

最後は「捨印」です。
これもなじみの深い押印だと思います。
文書などへ押印した際、その印がぶれてしまった・・・などの訂正があるかもしれないことを予測して、あらかじめ欄外に押印することをいいます。
捨印を押印することによって、ささいな訂正や誤記があった場合、その都度何度も押印してもらう手間が省けます。

【オススメWEBサイトのご紹介 】

印鑑比較サイトの《印鑑ネット》では、ネットではんこを購入される方向けに、厳選した印鑑を紹介!
お求めの「これ!」がきっと見つかります。

ページの先頭へ