どのような印鑑があるのでしょうか

印鑑イメージ

最近、認印は100円ショップでも買えるようになりました。
私が社会人になった頃は、きちんとしたはんこ屋さんの看板を掲げている所でしか購入できなかったような気がします。
「印鑑」と一口に言っても、たくさんの種類があります。
ここでは、どのような印鑑があるのか調べてみましょう。

まず、一番重要でかつ大切なはんこは「実印」です。
実印は100円ショップでは絶対に購入できません。
この実印こそ、はんこ屋さんの看板を掲げているところでなければ作成することは出来ません。
最近ではネットでも購入できるようですが・・・。
実印は、自分の住んでいる地区町村に登録したはんこで、法的な効力を持っています。
いろいろな契約時に印鑑証明書と一緒に実印を押印することで、「本人に間違いない」と証明することが出来ます。
このように、実印は、自分自身の権利や財産を守る大切なはんこです。

次に「認印」です。
認印は、自分が生活する上で一番利用する頻度の高いはんこです。
認印は、郵便小包や宅急便を受け取る際に押印したり、公的な証明書などを請求する時などに使用します。

そして次に「銀行印」です。
銀行印とは、自分の銀行口座を開設する時に使用します。
金融機関へ「届印」として登録するはんこです。
金融機関の窓口で貯金の預入れや引出しの際に必要になってくるので、実印と同様、自分の財産を守る大切な印鑑です。

その他には「会社実印」や「角印・職印」などがあります。
これは、会社で使用するはんこです。
この中で最も重要なはんこは「会社実印」です。
会社実印は、会社を設立する際に、法務局へ登録したはんこを指します。
ですから、会社実印は「代表者印」とも呼ばれ、会社で使用するはんこの中で一番重要ですので、大切に保管しなければいけません。

〔関連サイト情報のご紹介〕

ページの先頭へ